2016年12月18日

友人、キャンピングカーで現れる。

 九州地方、この2、3日「寒い朝」が、続いています。
サイトの皆さま、いかがお過ごしですか?
 数日前、親しい友人が、我が家の狭い入り口に
「キャンピングカー」で、やってきました。
 車は、少し小振りということでしたが、聞くのと実物を見るのは、
だいぶ違い大きく、そして運転上手に、びっくりしました。
丁度、見えていた友達と一緒に、車内の内装の様子など見学。
 
 彼女に同乗してきた愛犬メリーは、我が家に慣れているので、
あちこち飛び回って、いかにも楽しそう!
 

 B-cam-70911-1.jpg
 今朝、ベランダから撮りました。
 霜が、たくさん降り、
 皆さまのところは、いかが?


「キャンピングカー」登場
 B-camp-70889.jpg

 
 B-cam-70878-1.jpg
 
 B-cam-70884.jpg

 B-cam-70885.jpg
 ブルーベリ 最後の輝き 

 B-cam-70891.jpg

 一昨日、久住高原に仕事に行きがけの途中、 ぱちり!
寒い日、 残念でしたが、景色は、抜群。


 我が家の」青大豆\の収穫、
今年の秋は、「枝豆」状態で食べ、堪能しました。
 
 B-cam-70862.jpg


 最後は、昨日作ったばかりの「ユズマーマレード」。
 まだ、今年は、「完熟」していないようす。
 仕事の合間に採りました。
 我が家の年末風景のひとつ。
 
 B-cam-70915.jpg

 今日は、穏やか、暖かな日和で助かります。
工房の方は、「薪ストーブ」のおかげで、寒さ対策 ! OK
モンマは、ロクロの前で、手びねりのお茶碗を作っています。
 

今年も残り少なくなりました。みなさま、お元気に

posted by つぐみ at 11:43| Comment(0) | 日記

2016年12月11日

夜行バスで、アートの町・京都へ

 
 大分から、夜行バス「SORIN」に乗って、
京都・風工房の斎藤さんを訪ねました。
 最近、京都行きの夜行バスを見つけ、気になってたもの、
思い立って、あわただしく出かけましたが、
残り紅葉が美しく、更に京都のたたずまいにも魅了され、
九州の山里に戻って来ました。

 充電のひととき、「風工房」斎藤さん、利江子さんありがとう!

 B-kyo70750.jpg
 

 B-kyo-70748.jpg
 「法然院」 門をくぐる。

 B-kyo70779.jpg

 うれしいこと、ちょうど「中野 亘 さんの陶展・初日」、
 ただいま開催中です。
 12日まで、やっております。 
 どうぞお近くの方、ぜひお出かけください。
 
 B-kyo70768.jpg
 
 「灯り・萌え」

 B-kyo70788.jpg

 布・斎藤洋と陶・中野 亘

 B-kyo70802.jpg

  香器 「月の舟」



 B-kyo70817.jpg


 B-kyo70821.jpg
 
 三条トミノ小路「Sanjo Tominokouji Book Store」H2O

 
 B-kyo70843.jpg「鴨川大橋」
 写真を撮ってから河原に降り、石飛び、
 向こう岸へ行きました*
 「ドキュメント72時間」の舞台?

 B-kyo70745.jpg
 
 我が家に戻ると、赤い実に変化した「琉球すずめウリ」
 
 早くも、12月中旬に入ってきました。
みなさま、 今年は、いかがお過ごしでしたか ?
健康に留意して、風邪など引きませんように 



posted by つぐみ at 15:01| Comment(3) | モンマのひとりごと

2016年12月02日

<写真家・北原氏宅、お見舞いに行く>

 とうとう12月に入り、
秋は、駆け足で遠ざかって行きます。
「冬野菜」、なんとか順調に育って、ホッとしております。
 
 B-kita-70638.jpg
 
 白菜、小松菜、チンゲンサイ、大根

 B-kita-70649.jpg
 
 

いつも、窯に来て、写真を撮っていただいている写真家の北原さんが、
大がかりな眼の手術をして、現在、回復を待っている様子とのこと、
気になっていたのですが、なかなか伺えず、
2,3日前、ようやく鹿児島へ「お見舞い」に出かけました。

 B-kita-70667.jpg 

  話しているうち、だんだん北原さんも、調子を上げてきました。
「写真の効用、原点」とは、
写真とは、「過去を未来に生かす、
古いモノを通して、未来に生かす、
それが、写真のありがたみです。」としっかり語る様子は、
今まで通りなのですが、
写真を撮る段取り、手順を現在、全く思いつかない」と、
弱音を吐いていました。

 近いうちに「撮る気持ち」に成り、
 私たちを、驚かしてくれるかも知れません。

 そんな予感もして、 帰途に着きました。

 B-kita-70673.jpg

 B-kita-70677.jpg
    
   暖かいのでしょうね。
   
 

 B-kita-70707.jpg
 
 正面入り口から、市街を見下ろす感じ。

 B-kita-70714.jpg
 
門扉の横に彫ってあります。「おやっとさあ」

 B-kita-70722.jpg

 彼の家の周り、高いところ、
「桜島」も見えます。



 帰り道の「阿蘇・根子岳」夕焼けが、美しい
 
 B-kita-70727.jpg

 それでは、また、サイトからお会いしましょう!


posted by つぐみ at 16:47| Comment(0) | 窯のこと,etc