2015年07月11日

<マタタビの実>

 九州地方、今日は、雨が降っております。
みなさま、いかがお過ごしですか?
6月21日のブログに載せた「マタタビの花」が、
もう実をつけました。早いですネ、
 
<まずは、我が家の畑の「野菜たち」>
 
 B-ma-40244.jpg セロリ、インゲン豆・・・
 
<またたびの葉と実>
 B-ma-40249.jpg
 この形の実は、(「虫えい」と呼び、いぼ状)、先端につきます。
「旅人が疲れはてたとき、この実を口にすると回復して、
また元気に旅を続けられたといわれるマタタビの実」
 かなり以前から、「どこかにないかしら」と、
聞かれたことしばしありました。
 こんどは、場所、わかった、
茶色くなる頃、きっと、いきます! 

 
 話は、変わって『工房の様子』
2、3日前の晴れた日、2階展示室で、シモツケ草、ハンゲショウなど
入れてみました。

 B-ma-40252.jpg
 卓上花器15x15x4cm 「シモツケ草」
 B-ma-40255.jpg
 「ハンゲショウ」花器・高さ21cm

 B-ma-40264.jpg
  「卓上花器・2題」



 『 窯の様子・工房内 棚板より』

 B-ma-40269.jpg
 
 B-ma-40270.jpg
  


マタタビの実.猫が、大好きなもの・・・ 採れるといいですね。
それでは、また、サイトでお会いしましょう。






 

 
posted by つぐみ at 17:20| Comment(2) | 草木のこと

2015年06月21日

<「ウリノキ」の白い花>

 今年の6月、九州は、雨が多くて困りましたネ。
そんな中、朝の散歩道、
めずらしい「花たち」を見つけ、うれしくなりました。
 
 B-aza-40136.jpg「ノアザミ」
  
 春先から初夏まで、長く咲いています。
 「強い花のイメージ」です。
 
 B-aza-40168.jpg「ウリノキ」の花

 葉の下に隠れるように、「白色の花」をつけていました。
今まで、気がつかなかったのが、不思議!
雨の季節だから?
 梁塵窯の方では、「葉っぱ皿」として、作ってきました。
「ウリノキ」の葉を押し付け、葉脈を浮き出させます。
大中小、ありました。このところ、「葉っぱ皿」制作、ご無沙汰。
 我が家で、愛用しているお皿、だいぶ傷だらけですが・・・
もしかしたら、サイトのみなさまのお宅で、使っていただいているかもしれません。
 B-aza-40197.jpg
はっぱ皿(中)・直径20cm

もう一つ、「マタタビ」の花を知ってますか?
こちらも、雨の季節、
花の頃は、葉の一部が「白く」なります。
猫が好きな「実」、薬用酒にするので知られていますね。
初めて、花を見つけました。
 
 B-aza-40165.jpg
 
 「白い葉」を探していたところに、出会い、驚きました。




 我が家の周辺は、雨の季節、落ち着いた花もあります。

 B-aza-40179.jpg『ハンゲショウ』
 B-aza-40180.jpg『ホタルブクロ』

 B-aza-40193.jpg 
 
 ホタルブクロ、『玉子一輪挿し』に挿してみました。
 
 日本列島、雨の多い季節は、まだしばらく続きそうですね。
みなさまのところは、家周り、大丈夫でしょうか?
それではまた、サイトから、お会いしましょう!




 
posted by つぐみ at 13:49| Comment(2) | 草木のこと

2014年10月22日

初めての草木染め

 この歳になって初めての「草木染め」をしてみた。
剪定したお茶の枝葉で染料液を作り、豆汁下地をした
綿の半袖シャツを煮染めし、おはぐろで媒染した。
出来上がりは、想像できなかったが、思いのほか
渋くいい色に仕上がった。 <モンマススム>
 B-some-20529.jpg

 B-some-20514.jpg『お茶の葉』

 B-some-20504.jpg am 6:00


今日は素焼きをしています。
 B-some-20518.jpg
 
 B-some-20517.jpg
 まだまだ元気、「ホトトギス」

 来月は後半、「熊本伝統工芸館」の仕事が入っています。
これから、窯は、素焼きを出し、うわグスリを掛け窯詰め、
本焼きとなります。
しばらくお天気が安定してくれるといいですが・・・、

 今回は、初めての試み、予想以上の色合い、うれしいですね。
それでは、またサイトでお会いしましょう!

posted by つぐみ at 16:15| Comment(1) | 草木のこと