2019年10月06日

<枝豆美味しい・小さな窯の下屋作り、その2>

 
 18号台風の影響ありの1週間でした。
この週末、皆さま、いかがお過ごしでしょうか?
「ラグビー、ワールドカップ」に魅せられている方も
多いことと思います。大分県は、盛り上がり、真っ最中!


さて、話は、変わり、「枝豆」を作っていらっしゃる方も、
おいでと思いますが、この数日前から、沢山出来ていないのですが、
美味しいうちにと思って、食べています。
「枝豆」本来の美味しさが有って、なかなか GOOD !

B-aiha-0922.jpg






 丁度、「藍の花」が、畑に沢山、かわいい小さな花、
 タデ科、ピンク色。
小さな黒い花器に入れました。敷物は、藍染したハンカチ。

  B-aiha-0887.jpg    






「ホトトギス」
 B-aiha-0890.jpg
  
 何種類かあります。現在、一番強く、元気な花


  <下屋作り、その2>
台風18号が、強風をもたらすとのこと、
とりあえず、入り口の仮止めをしたり、
窯を一度、「風通し」をする。

遅遅として、先に進みません。



B-aiha-0892.jpg「小さな窯」

やっとブルーシートを外して、湿気をとりました。
    



B-aiha-0932.jpg

水廻り、悪いことわかり、急遽、「雨樋」をつけて、
水が、入るのを防ぎました。
そして、黒く「塗装」をする。




 B-aiha-0930.jpg
こちらも、風雨対策、仮止め、です。
 



<仕事場の様子>
 
B-aiha-0938.jpg



とりあえず、現況にて、
窯の仕事も、始めないと、来春の展示が間に合わず・・・
数日前から、「紐作り」の仕事を始めています。
 仕上がりは、どんな感じですか?
どう変化するかは、経過次第によって、
全然、予想と違ったものになるかもとのことでした。
 そこが、また、面白いのかも知しれませんが・・・。




B-aiha-0900.jpg

ブロンズ釉薬、「掛け花入れ」 長さ 45cm
 最後は、ノイバラと、ヨメナ、です。
とげがあるので、ハサミ持参で、県道へ行きました。


しばらくお天気が、安定していると、仕事、はかどりますが・・・
今朝は、台風19号が、発生したと、天気予報は伝えておりました。

これから、秋は、深まっていくでしょう。
竹田周辺、「白水の滝」「白水ダム」など、お出かけの時は、
是非、工房へも、どうぞお立ち寄りください。

それでは、皆さま、お元気に
また、サイトで、お会いしましょう。







posted by つぐみ at 14:48| Comment(0) | 窯のこと,etc

2019年09月20日

<秋の花と、小さな窯の下屋作り-その1>

 お天気模様、定まらないまま・・・
9月前半、あっという間に季節は変わり、
秋の花たちの出番になりました。
 サイトの皆さま、いかがお過ごしでしょうか?
 工房は、空を眺め、雨の降らない日、「小さな窯」用
下屋作りなどしております。全体の仕上がりは、まだしばらく先ですが・・・。


 
〜秋の花たち〜

 B-koya-0781.jpg吾亦紅(ワレモコウ)






 B-koya-0786.jpg
 ワレモコウ、ヒヨドリバナ・
しの釉花器・高さ18cm




 B-koya-0805.jpg
 今が盛り、「ムラサキシキブ」
工房入り口に咲いてます。




B-koya-0862.jpg

「笛型花器」の一番長いのに入れました。
長さ65cm




 B-koya-0821.jpg 彼岸花




下屋作り<経過報告その1>

  B-koya-0831.jpg
 
先ずは、下地作り、
ブルーシートに包んである「小さな窯」




B-koya-0859.jpg

 「ガルバニューム鋼板」を使って屋根を掛けました。





B-koya-0880.jpg
 
壁用に使ったのは、ヒノキの戸、2枚です。





 今日も、雨が気になるところ、ただいま、壁をやっています。







B-koya-0835.jpg

「ブック型泥彩花器」 高さ13cm
  フジバカマ、ホトトギス、ミズヒキ
 

  今週末は、また九州地方、荒れそうな雰囲気です。
外れるかな・・・





posted by つぐみ at 11:39| Comment(1) | 窯のこと,etc

2019年09月03日

<北海道・札幌・簾舞の「塩屋」に行ってきました。>

 九州地方」、この周辺久しぶりにあさ、雲の間から
青い空が、覗いています。
サイトの皆さまのお宅は、いかがでしょうか?
先週、札幌の妹の家に行った際、南区簾舞にある「塩屋」に
行きました。とてもユニークなお店、
 ご主人の田口さんは、十数年前、九州に来た時、竹田の
梁塵窯に見えたのが、お付き合いの始まりです。そのあと、
「天草」に行き、「天日干し、塩作り」に魅せられ、一度、
北海道・札幌の自宅に戻り、再び、天草へ行き、「塩作りの勉強」
をして、北海道へ帰りました。その時の経過は、逐一、みんなにメール
で配信、先駆けの方でした。

 B-kano-0767.jpg

 「ハナシュクシャ(ジンジャー)
  
とても、かぐわしい香りがしてます。
我が家の入り口、かなり大きくなりました。、


 B-kano-0772.jpg

 「ベランダから、昨日朝」 霧が、たなびいてます。

 


うどん山菜・天日塩
 <塩屋の様子> 札幌簾舞1条5丁目5−41
          tel:  011-596-5994 

 B-kano-0720.jpg

 お店を入って、ひまわりです。 「泥彩花器」
使っていただいてます。


 B-kano-0722.jpg
   田口さんたちと、ぱちり!  

 B-kano-0730.jpg
  「お塩のプラント」 お店の横にあります。


 B-kano-0769.jpg



<うつわの行方>

 最後の夜、姪の旦那様は、札幌のホテルの中華の料理人、自ら、食材持参のうえ、仕込みから料理全体、
一人で「北の味覚」を作って下さいました。
モンマの角皿、舟形鉢などにも盛り付けて
今日は、食べられませんが、写真だけ・・・・


B-kano-0734.jpg
 
 札幌・星置の玄関にて、
  ムクゲと、桔梗 いいですね、
  「三角錐花器」



 知床の和牛(ステーキ)、ホタテ貝を使い、マーボー豆腐(カニ、エビ)なども・・・
 本当に美味しかった。 Kさん、ありがとう!

 B-kano-0757.jpg



 B-kano-0760.jpg





最後は、藍染のTシャツのこと、
タイミングよく「塩屋」で、いただいた白のシャツ、
昨日、染めることができました。
ありがとう!
塩屋へアクセスは、こちらからどうぞ http://hwbb.gyao.ne.jp/shioya-kur/

 B-kano-0775.jpg

追伸:
 塩屋のアドレス、うまくアクセスできず、申し訳ございません。
また、改めて載せることにしました。 よろしく!
今度は、なぜか、うまく行きました・・・?

posted by つぐみ at 16:12| Comment(2) | 窯のこと,etc