2014年12月27日

「芋の芽」をいただく

 今年もあと数日、寒い日が続いております。
皆さまいかがお過ごしでしょうか?
先日、鹿児島から、写真家の北原さんたちが、
「黒の陶器」を中心に<表現したいもの> を撮りに
見えました。 果たして気に入った「作品」に
仕上がるのか否か・・・・

その日、熊本インターで降りてから、いつも寄る「道の駅」
買ったと、「芋の芽」を、1本頂戴しました。

B-imo-20912.jpg

見た目は、初夏にでてくる「ズイキ」の感じです。
ネットで、調べるとやはりズイキの別名、
「熊本の伝統野菜」とも、でています。
早速、「酢の物」、手元にあった「もずく」を一緒に
入れました。
B-imo-20925.jpg

B-imo-20881.jpg

B-imo-20892.jpg

B-imo-20900.jpg

B-imo-20903.jpgドラムカンストーブ

B-imo-20888.jpg<サザンカ>

「芋の芽」を美味しくいただけ、良かったです。
好奇心旺盛な人は、違いますね。

最後に今朝の様子、

朝焼けと仕事場前の「ロウバイ」
暖かいせいか、元気になりました。

良いお年をお迎えください。

B-imo-20927.jpg

追伸:「芋の芽」、今頃、売っているのは、珍しい、やはり
お正月用のお料理に使うのが、熊本地方の特徴かな、と思うのです。
なにかわかりましたら、お知らせください。 


posted by つぐみ at 13:10| Comment(3) | 日記

2014年10月11日

今年の「カボス」の出来具合

 10月に入って、早一週間と思っていたら、
また逃し、秋の収穫期、真っ盛りです。
朝晩だいぶ涼しくなりましたが、みなさま、いかがお過ごしですか?
 今年は、我が家の「カボス」は、少なめ、
冬場の「大雪」の影響を受けたせいか、春から花芽も少なくて、
いいにおいが、してきません。 「これは?」と心配していたら、
残念ながら、「不作」。 遠くで待っている親戚、友人たちの顔
が浮かびます。
これほどの少数は、初めてのこと、やはり「雪と花芽」 なのでしょうか?

B-kabo-20400.jpg

B-kabo-20393.jpg

B-kabo-20390.jpg<ツリフネソウ>ひっそり咲いてます。


B-kabo-20384.jpg<ホトトギス>


B-kabo-20376.jpg
「キャンドルホルダー」乾燥風景
 

B-kabo-20368.jpg<泥彩・人形花器>高さ18cm


 <窯の様子>
 このところ、台風がつぎつぎとやってきます。
モンマも落ち着かなく、畑の様子、家の水廻りなど気になりつつ、
窯の仕事をしています。近いうちに乾燥を終え、窯焚き準備へ
行きたいのに、自然は、それを許してくれない状況。

台風19号がまっすぐ来ないことを祈っています。
それでは、またお会いしましょう!
この連休は、しっかりおやすみください。
posted by つぐみ at 16:55| Comment(2) | 日記

2014年08月09日

出航できない「底引網漁船」

 暦の上では、立秋が過ぎました。
とても暑さが厳しい時期、
関東(東京)から東北(福島、モンマのふるさと相馬、宮城蔵王)など
駆けめぐった1週間。
九州に帰ってくると、台風11号の接近で、おおわらわのこの数日です。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか? 

 相馬港 ( 出航できない「底引き網漁船」 )
 B-so-948-2.jpg

 早朝散歩(相馬)、中村城址・蓮池
 B-so-926.jpg
 
 叔父宅・見事な梅干し
 B-so-931.jpg

 


 我が家周辺の野草、「キツリフネソウ」
B-so-871.jpg

今回の旅、出発前日「 2F・展示室」
「ヒゴタイ、ムラサキツユクサ、ホタルガヤ」
   筒型花器 サイズ・14x14x44.5cm 
 
 B-so-904.jpg

 
最後に、
相馬からの帰り、更に北上、宮城蔵王まで足をのばし、
「御釜」・五色岳の火口湖(カルデラ湖)へ 
エメラルドグリーンの雄大な景色に魅了されました。


B-so-956-1.jpg


追伸:
「御釜」の写真を撮ったあと、少し歩き始めたら、
大粒の雨が降り出し、無防備な私たちは、ズブヌレ、
「ソウナン」の一端を味わいました。
くれぐれも装備は、大切です!
それでは、またお会いしましょう。



posted by つぐみ at 11:46| Comment(0) | 日記