2015年07月02日

<半夏生(ハンゲショウ)>

東京から、帰ってきました。近所の人に、雨が多かったと云われ、
家周り、畑などいろいろ気に掛かることばかり、
あたふた、やっております。
昨夕ぐれ、雨上がり、突然、山の間に小さな虹を見て、
思わず、カメラを向けましたが・・・  残念でした!
 
 B-hang-40217.jpg

 夏至から数えて11日目の今日は、半夏生(ハンゲショウ)。
ちょうど、大雨が降る時期にあたるとのこと。
そして、同じ名前の植物、「ハンゲショウ」が、この時期、
工房の前、白い葉に沢山の花房をつけて、華やかな感じです。

 B-hang-40224.jpg<ハンゲショウ>
 
 B-hang-40222.jpg<山ほととぎす>
 
 県道から、久住の山なみが、うっすら見えてました。
 
 B-hang-40231.jpg
 
 また今朝の散歩で、気がついたのですが、工房入り口にある木、
「サンショウ」の実も、だいぶ大きくなっています。

 B-hang-40240.jpg「サンショの実」

 B-hang-40242.jpg
<サンショ>の枝、一輪差しに

  最後に、この前、作った「マタケの水煮」のこと、
「珍しいモノ」、先日、出かける際、持参し、
姉宅で、さっそく開けてみたのですが、煮沸したとはいえ、
わりと簡単にフタが開き、やっぱり、「長期保存」は、難しいでしょう。
煮物の味は、良かったのですが、「干して」が、ベストだと、
またまた、痛感!

もうしばらく、不安定なお天気が、続きそうです。
みなさま、お元気にお過ごしください。


posted by つぐみ at 17:21| Comment(3) | 日記

2015年01月06日

<新年を迎え、窯詰め始まる>

年明け雪が降ったりしましたが、山あい部落の「新年会」
無事に終え、ややほっとしております。

氷が張っている朝、少し、寒さが緩んで来ました。
仕事場では、モンマが、窯詰めを始めます。

雪の朝、パノラマ写真など・・・
 b-nen-2099.jpg 1/3
 
 B-nen-3006.jpg 1/3

 B-nen-3017.jpg  1/3

 
朝やけです。
日中は、
寒さにやられた「白菜たち」を採って干し、
新聞紙に包んで保存します。
製材所で分けてもらった「木片たち」と、

 B-nen-3024.jpg1/5

 B-nen-3031.jpg1/5


 今日は、あいにくの雨模様、午後は、やんで薄曇り、
ことしも、お天気を確かめながら「山の暮らし」の
風景は、すすんでいきます。

 それでは、またサイトでお会いしましょう!







posted by つぐみ at 14:34| Comment(2) | 日記

2014年12月27日

「芋の芽」をいただく

 今年もあと数日、寒い日が続いております。
皆さまいかがお過ごしでしょうか?
先日、鹿児島から、写真家の北原さんたちが、
「黒の陶器」を中心に<表現したいもの> を撮りに
見えました。 果たして気に入った「作品」に
仕上がるのか否か・・・・

その日、熊本インターで降りてから、いつも寄る「道の駅」
買ったと、「芋の芽」を、1本頂戴しました。

B-imo-20912.jpg

見た目は、初夏にでてくる「ズイキ」の感じです。
ネットで、調べるとやはりズイキの別名、
「熊本の伝統野菜」とも、でています。
早速、「酢の物」、手元にあった「もずく」を一緒に
入れました。
B-imo-20925.jpg

B-imo-20881.jpg

B-imo-20892.jpg

B-imo-20900.jpg

B-imo-20903.jpgドラムカンストーブ

B-imo-20888.jpg<サザンカ>

「芋の芽」を美味しくいただけ、良かったです。
好奇心旺盛な人は、違いますね。

最後に今朝の様子、

朝焼けと仕事場前の「ロウバイ」
暖かいせいか、元気になりました。

良いお年をお迎えください。

B-imo-20927.jpg

追伸:「芋の芽」、今頃、売っているのは、珍しい、やはり
お正月用のお料理に使うのが、熊本地方の特徴かな、と思うのです。
なにかわかりましたら、お知らせください。 


posted by つぐみ at 13:10| Comment(3) | 日記