2012年11月27日

朝倉文夫記念館へ行く

 昨日からの雨が、山の上の方は、雪模様に変わりました。
今朝の祖母山は、雪が冠っています。
 
 数日前、横浜・えんぽけ時代の友人、長谷川君から、
突然、電話をもらいました。
「弟の双葉が、「大分アジア彫刻展」に出展、賞を取り、
展示会場が、竹田から近いのがわかったので、是非見に行って欲しい」との、
嬉しい連絡がありました。
 
 「朝倉文夫記念館」は、ずっと前からお気に入りでした。
季節ごとに美しく、いつもきちんと手入れがいき届いた
静かな佇まいは、「ひなには、まれな建物、庭園」と、感じています。

最終日の25日迄あとわずか、
仕事の合間をみながら、午後出かけました。


 着いたのがやや遅く、晩秋の夕闇が迫ります。

  B-asakura-5067.jpg



展示作品は、文化ホール会場内に飾ってあるので、
過去の屋外展示作品などもあり、撮ってみました。

  B-asakura-5059.jpg

野外彫刻をみながら、夕闇が迫る。
  B-asakura-5073.jpg
 


 朝倉文夫記念館入り口の方に登っていきます。

  B-asakura-5081.jpg



  会場の雰囲気だけでも味わって下さい。

 B-asakura-5087.jpg

 B-asakura-5091.jpg
 
 
   記念館から周囲の山々を見渡します。


 B-asakura-5093.jpg


 家に帰って、
「第11回大分アジア彫刻展」のサイトを検索、
すると、入賞作品などの写真、作者の
プロフィールなど、詳しく載っていました。

 良かったら、大分アジア彫刻展のサイトを
ご覧下さい。

 
 大分アジア彫刻展会場 「朝倉文夫記念文化ホール」へ




 
 明後日から、用事があって、東京・横浜へ
 出かけます。帰りは、4日、
 又、戻りましたら、ブログでお会いしましょう!



posted by つぐみ at 16:13| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: