2012年11月17日

たけた・竹灯籠「竹楽」

 昨日の朝、今秋初めて、工房前の畑に
霜(しも)が降りました。
起きる時は、それほど冷え込んだ感じは、なかったのですが、
 
 「しも」が降りるとは、
 寒くなってきたのを、実感!

  B-tikuraku-4977.jpg
  
  陽が射して、昼間は、暖かくなりました。
  この前、仕上げた、大きなスピーカーボックスを
   乾燥、天日干し。気持ちよさそう ?

  B-tikuraku-4979.jpg 

  夕方、仕事を早めに片づけて、昨日から始まった竹楽へ
行くことにしました。
普段の静かな町並みとは、うって変わって、活気があり、
まるで別世界に来たような華やかさ、
きらびやかな都会のイルミネーションと、違って
ほのかな竹灯りが、かもし出す幻想的な風景の中、「圧倒」されました。

周りは、本格的な出で立ちの人ばかり、三脚を担いで、しずしず、
暗闇の中を蠢いています。
 
 人気スポット、十六羅漢で撮ってみました。
 
  B-tikuraku-4992.jpg
 
  武家屋敷通りは、更に暗く、こんな感じです。

 B-tikuraku-5002.jpg



 人気のあるところをぐるっとまわって来ると、気温が下がって
冷えてきたのでしょうか、かなり身体が寒くなってきました。

 丁度、近くにある「但馬屋」の喫茶室「だんだん」で
ぜんざいを食べて、暖まりました。

 梁塵窯は、いつもお世話になっています。
そこの大きなテーブルに窯の「うつわ」が、ちょこんとあります。

 B-tikuraku-5013.jpg

 竹灯りの写真は、やはり、上手くとれませんでした。
次回は、三脚を持参で行きたいと思っています。
 
 しばらくお待ちください!
 
「竹楽」の詳しい情報は、

タケタンへどうぞ


posted by つぐみ at 17:01| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: