2016年11月19日

「もみじと竹楽(ちくらく)」

 皆さま、お久しぶりです。お元気にお過ごしでしょうか?
我が家周辺、すっかり秋色に染まっています。

さて竹田の町は、ただいま「竹あかり」が、繰り出す光と影に包まれ、
「竹楽」開催中。
今年、初めて「梁塵窯」のうつわの展示をしております。

 B-tiku-70603-1.jpg


 「画家の阿南英行氏の油彩」と 「門馬進の器展」

  会場は、但馬屋さんの通り。
  斜め向かいにある「絵の家」。

 少し暗く、目立たないところですが、「竹楽」にお出かけの際は、
 ぜひお寄り下さい。
 阿南さんの絵は、竹田に来た当初から知っており、密かなファン
 
 珍しい組み合わせ? モンマも夕方から、おります。
 
 B-tiku-70606-1.jpg
 B-tiku-70616.jpg

 絵画は、ガラス越しに撮ったもの、雰囲気だけでも味わっていただ
 ければと思っています。 申し訳ありません。
 B-tiku-70605-1.jpg

 B-tiku-4997.jpg
 B-tiku-5002.jpg


 追伸:
 昨日午前中、竹楽の会場作りに、竹田の町に下っていく途中、
「ジャパンバイキング」の「トーマスホルブさん」たち自転車の一行
と、すれ違いました。彼らは「高千穂峡」に紅葉を見に行くところ、
「梁塵窯にも寄るつもりです」と、
 ごめんなさい、!
 我が家の「留守」を告げ、別れました。


 B-tiku-70568.jpg「サフランの花」


 B-tiku-70595.jpg
 ディナー皿・緑釉・ 径26cm

「つる性、紫色のサヤが、はじけて青い実が出てきます。」

「名前」が、わかりません。

どなたか、教えてくれると嬉しいですが、
 よろしくお願いします。m(_ _)m


 またサイトでお会いしましょう。

posted by つぐみ at 11:40| Comment(0) | 窯のこと,etc
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: