2016年09月25日

「くりのイガで、染める」

 朝晩、すっかり涼しくなりました。
9月も後半を過ぎて、皆さまいかがお過ごしですか?
お天気も定まらず、そんな中、「クリのイガ」の「染め」を
しました。

 B-iga-70335.jpg
 <染料作りから始まる。>

 B-iga-70339.jpg

 <クドを使う>下に耐火煉瓦を敷いています。
  燃料の熱効率は、良いと思いますが、

 翌日は、朝から、染めを始める、
 3回染めて、媒染、洗いをする行程。
 媒染は、一日目、おはぐろ、二日目、木酢酸鉄です。

 B-iga-70341.jpg
  工房から入り口、「ヒガンバナ・彼岸花」を見る。

 B-iga-70345.jpg
 1日目 干しています。

 B-iga-70360.jpg
 2日目 干しています。


 B-iga-70362.jpg
 
 丁度、いまごろ、近所の家の大きな「クルミの木」、
 きれいに洗って干しました。


 B-iga-70351.jpg
 クリのイガ、干しています。こちらは、次回に使う保存用。

 B-iga-70349.jpg
 薬草「ゲンノショウコ」 


  「藍の花」
 B-iga70346.jpg
 「ブロンズ釉 花器」 タデの花の中でも、とくに、かわいい!
  一見、白タデの花と、似ているが・・・


   最後に、 スクモの話、
「発酵」を終え、「干し上がり」ました。
 当初、2.8kgあった乾燥葉が、現時点では、 1.5kgになりました。
ちょっと、少なく残念ですが、これを、使ってアイを建てたいと
思っています。次回、展示会の準備などあり、染めの方は、
遅れると思いますが、またご報告します。

 それでは、またサイトでお会いしましょう。







posted by つぐみ at 16:23| Comment(3) | 窯のこと,etc