2016年02月24日

[ 「窯・素焼き」と「キンモクセイの染め』を終えて

 どちらかと云えば、暖かいと思われる九州地方です。
とはいえ、寒暖の差、激しい日々が続いておりました。
今日は、心なし水がぬるむ、春の気配を感じます。
みなさま、お元気ですか?
 このところ、窯の方は、素焼きを終え、と同時に
「キンモクセイの染め」をしておりました。

まずは、<染料作り>
 B-nu-50564.jpg
「キンモクセイ」を水で2回、灰汁(あく)で2回煮出しておきます。

 B-nu-50570.jpg「箸置き」乾燥中

 B-nu-50572.jpg「いぬふぐり」

<翌日、染め始める>
 B-nu-50583.jpg「キンモクセイ」
「灰汁」で煮出した方の液です。グリーンが出るのを期待して・・・
 
 この日、窯の方は、「素焼き」をしています。

 「媒染液は、「ミヨウバン」「木酢酸鉄」
高森町の友人たちが、見えてにぎやかな、ひとときもありました。

 <染め、2日目>
お天気が悪く、「かまどストーブ」を工房内に入れて初稼働する。
 この日、灰汁を入れない液で染める。媒染を変え、「ミョウバン、おはぐろ、木酢酸鉄」
 
B-nu-50596.jpg

 <染め3日目>
 この日は、灰汁で煮出した液で、染める。
媒染は、「ミョウバン、おはぐろ」を使った。


 だんだん晴れてきたので、ベランダに干す。
B-nu-50604.jpg

B-nu-50611.jpg 「夕暮れ」

 
B-nu-50613.jpg「侘助(わびすけ)」

<一昨日>
 全体に乾きました。整えます。
B-nu-50646.jpg

B-nu-50648.jpg
 今回の布、「素材」は、シルク、レーヨン、麻などです。
 いかがでしょうか? なんとか色が、それぞれ出てきました。
モンマもほっとしています。
それでは、またお会いしましょう。


 
posted by つぐみ at 15:48| Comment(5) | 窯のこと,etc