2013年09月10日

ヒガンバナの花芽 ふくらむ

 
 このところ、穏やかな日和が続いています。
山に近いせいもあり、だいぶ朝晩涼しくなってきました。

 初秋に入り、みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

畑のわきに「ニラの花」が咲いてます。
食べてよし、活けてよし、
白い小花が、なかなか愛らしいです。
さっそく一輪差しに入れてみました。

 B-higa-7295.jpg
      一輪差し(高さ15cm)アルミナ緑釉

 9月に入って、畑の様子も少しづつ変化しています。
秋野菜の人参は、こんなに元気! 育ち盛り。
 
 B-higa-7304.jpg



 畑のわきにも植えてあります。
 こちらは、ご存じですか?
「ヤハズススキ(矢筈薄)」夏の添え花、
 秋の彼岸の季節には、
 穂の部分を使ってお花を活け、
 いつも助けてもらっています。

 B-higa-7306.jpg


  工房入り口のヒガンバナの花芽が見えてきました。

B-higa-7326.jpg

今年は、いつもより、早め、
きれいな色をみせてくれるといいですが・・・
ちょっと心配になります。

鮮やかなヒガンバナの花を待ちましょう!

追伸:
 一昨日夜、NHK FMをかけていたのですが、
久しぶりに、ボビー マクファーリンの「Don't worry Be happy」
という曲が流れてきました。
知っている方も多いと思いますが・・・
よかったら、You Tubeでお聞き下さい。

http://i.ytimg.com/vi/yHFDa9efCQU/0.jpg

 
 元気が出てきますね。

 それではまた、

posted by つぐみ at 11:46| Comment(4) | 草木のこと