2013年09月28日

「よしむらよしこー染織展」に行く


熊本県阿蘇郡たかもり町の友人
吉村美子さんの染織展が
24日~29日(日)まで
ご自分の工房ギャラリーで開催中、
一昨日,
お訪ねしました。

普段は、わりとひっそり 仕事をしている
吉村夫妻。 裕明氏が木工、美子さんが
染めと織りをなさっています。
梁塵窯の2階展示室に掛かっているタペストリー、
又、大きな棚や引き戸棚など、吉村さんに注文
作ってもらいました。
ご自分のおうち、工房全体がギャラリー
空間になっています。

はじめに高森町に行く途中、珍しくいつもと違う
農道を通ってみました。
 摩訶不思議! 木を組み合わせた建物?
誰が 何のために作ったのか、わかりません。

 B-yosi-7452.jpg


こちらは、吉村宅の工房
2階から階下を見ています。
 
 B-yosi-7462-1.jpg

  奥様は、沖縄出身、旦那様は、熊本・九州男児。
お二人が作られた
テーブル、椅子、タペストリー、壁掛け、敷物、
部屋の調度品たちは、ひとつひとつ
空間の中に溶け込んで、
全体のハーモニーを奏でています。

その絶妙さが何とも云えず、
いつも驚かされます。
もし、お時間がとれて、高森まで行きたい方、
どうぞ、お出かけ下さい。
会期は、10月29日(日)(10:00 〜4:00)迄


2階は、いつでも泊まれる空間になっています。
名称は、巣亭(stay) 

 B-yosi-7461.jpg

 最後に帰り際、会場入り口
よしこさんの筒描・タペストリーです。

 B-yosi-7463.jpg

染めや織り
空間作りに関心のある方
吉村邸へどうぞ、
おおらかで、きさくな方達です。

〒869-1603 阿蘇郡高森町色見206-5
ギャラリー工房巣亭43
TEL: 0967-62-1625   090-1870-4999



 昨日は、下関から「えんぽけ」時代からの友人Kさんが
奥さんと一緒にやってきました。
娘さんが、竹田の高校に今年の春入学。
今回学園祭など、見に来たとのこと、
一年ぶりにまた会うことが出来、嬉しいです。
なんとか娘さんも、こちらの学校になじんで来た様子、
ご両親も少し安心したみたいでした。

お天気が、よくなり、空には大きな雲が
顔を出しています。
穏やかな山の風景に みんな和やか

 手を振って見送りました。
 お元気で!




posted by つぐみ at 11:44| Comment(0) | 日記

2013年09月23日

「名水茶屋」から「白水の滝」へ

 今日は、お彼岸の中日です。
この数日、日中は、気温が高く日射しが強いのですが、
朝晩、すっかり涼しく過ごしやすくなりました。

 昨日、朝のうちに仕事で、「白水の滝」にある「名水茶屋」
まで、行きました。

少し曇ってましたが、カメラ持参、
茶屋から700m? くらい山道を歩くのですが、
久しぶりに「白水の滝」まで、足を伸ばしました。
 
 B-sira-7388.jpg
 
 名水茶屋の目の前にある吊り橋です。
 向かい側は、陽目(ひなため)のキャンプ場になります。


 B-sira-7393.jpg
 
  山道を上っていきます。
 気持ち良く、またなんとなく幻想的な風景です。

 滝まであと300mの標識で出てきました。
だんだん山道が細くなり、上から降りてくる人も
いるので気遣います。
 
 
 B-sira-7407.jpg

 きちんと三脚を据え付け、カメラを構える人たちも
沢山います。私も一緒にぱちり!



昼前、滝から帰って、仕事場に行くと、
モンマは、ロクロ前で、けずり作業をしていました。
テーブルを見ると、来客のあとが、あります。

福岡から、「白水ダム」に来た方々が、
帰りに工房に寄ってくれたとのこと
 嬉しい話です。 よかった!
 
 B-sira-7433.jpg

  
 工房前の「ホトトギス」が、つぼみを沢山つけています。
これから日に日に咲き出しそう。
 さっそく、今朝、一輪取って、白いフジバカマと一緒に
展示室の花器に入れてみました。

 B-sira-7422.jpg


 このお休み中、高千穂に出かける人が多いのでしょうか? 
我が家前の県道もいつもと比べ、この数日だいぶ賑やかです。

いつもは、ひっそりの場所、
たまには、いいですね。

それでは、また お元気で!

posted by つぐみ at 14:27| Comment(2) | 水の流れの美しさ

2013年09月17日

「ユズコショウ」知ってますか?

台風18号が日本列島を縦断し、各地に大きな
被害が、ありました。
サイトの皆さま、近畿、東海、関東地方など、
被害にあった方々もいらっしゃるのではないかと
心配しております。
 九州は、今回ほとんど影響がなく、申し訳ないほど
晴れていました。
 
 B-yuko-7335-1.jpg
  
  名前のわからない野草でした。去年からずっと・・・
今年も最近見つけ、気になって野草の本など、探しました。
「ヒヨドリバナ」です。
私が撮った写真の状態は、まだ筒状の花が開いてません。
秋の七草のフジバカマに似ているような気がしたので、
その周辺を調べたら、「キク科、フジバカマ属」と書いてあります。
インターネットで再確認!

 さっそく 「一輪差し」に入れてみます。

 B-yuko-7358.jpg

 
 この季節、夏野菜の片付けと、冬野菜の植え付けなど
いろいろあります。
モンマが、窯の仕事の合間を見てやっているのですが、
その中に、今の時期でないと出来ないことの一つに
 「ユズコショウ作り」です。 
青い、ユズと、青い(実際は、緑色ですが)唐辛子を使います。
この時期を外すと、青は、赤に変わってしまいます。

昨日は、作って幾つかビンに詰めました。

 九州の人には、珍しくないかも知れませんが、
「青唐辛子」(この辺では、「胡椒」と呼びます)など、
時期を外すと手に入らない「なまもの」、
「知らない方もいるのではないか?」など、思ったりするのです。

みなさま、いかがでしょうか?

作り方
1.青いゆずの皮を剥く、中の汁は、別に取っておく。
2.青い唐辛子を葉っぱから、取って集める。
3.ミキサーに「ゆずの皮」、汁、「青唐辛子」、塩、焼酎少し、
4,全部入れて、ミキサーのふたをする。
5.上手く「かくはん」したら、ビンに詰める。

  味加減は、各自、お好みで良いと思います。
私は、どうもむせてしまい、上手く出来ません。
辛党の方には、大変好まれるのですが・・・
チャンスがありましたら、是非お試しください。
 
 B-yuko-7378.jpg





  B-yuko-7372.jpg

 工房入り口の「ヒガンバナ」、今が真っ盛りです。
 あと数日は、良いかもしれません?

 この周辺、「白水の滝」、「白水ダム」など、
水の流れの美しいところが沢山あります。
 今週末、お近くに来るようなことがありましたら、
是非ヒガンバナを見に、工房にお立ち寄りください。

それでは、また
しばらく穏やかな日々が続くといいですが・・・
今日は、十三夜、明るい月が 出ています。


posted by つぐみ at 21:28| Comment(0) | ひびの暮らし