2013年07月17日

窯焚き 終わって

 毎日暑い日が続いております。

 九州は、雨が結構、降りましたが、
皆さまのところは、いかがでしょうか?

 3日前、窯焚きをしました。
このところ、暑さの影響もあり、午後、
ひどくカミナリが鳴る日々が続いてました。

 窯焚き当日、途中で、大きな雷雨が、
来ないことを願いながら、やっておりました。
その日午後、遠く聞こえるくらいのカミナリのみ
ひと安心、 「助かった?」という気持ち になります。

 窯の燃料は、「プロパンガス」なのですが、
発火させ、そのあとの温度管理を続けること、
すべて電気を使わないと駄目なのです。
 なんといっても「電気」が、大事 !


 工房周辺は、すっかり夏景色になっています。

 
 昨日、「青が美しく鮮やか」 蝶が、
ひらひらやってきて、ハンゲショウにとまります。

 B-ao-6948.jpg 

 ひときわ大きなヒゴタイも、だいぶ色づき始めています。

 「夏雲とヒゴタイ」。
 
 B-ao-6956.jpg 

  
最後、我が家の夏の風物詩、カボチャの葉っぱ、

毎年ガレージ前で、「大きな葉っぱ」を延ばすカボチャですが、
今年は、可愛い花の方に目を向けました。

 B-ao-6962.jpg


 一両日中に窯を開ける予定です。
でも、季節のせいか、冷めにくそう・・・

焼き上がりが楽しみ!


熱いさなかの熊本県伝統工芸館の個展
「なんとか乗り切っていこう」
 モンマと、話しています。

 皆さまお元気で、またお会いしましょう。





posted by つぐみ at 21:16| Comment(3) | 窯のこと,etc