2012年09月05日

ヘチマの花-part2


今年は、お天気の変化がめまぐるしい
夏でした。みなさまお元気にお過ごしでしょうか?

この数日の我が家の生活ぶりを紹介します。


 窯詰め、最終へ、あと一段というところです。

B-heti-4303.jpg

  仕事場前は、「みずひき」が、咲き乱れています。

    B-heti-4314.jpg

   釉薬掛けをしています。
 いつも窯詰めは、こんな感じでやっています。
B-heti-4306.jpg



   9月1日窯焚き、朝から霧雨が降っています。
  窯焚き始まり、お天気の方は、曇り空に変わってきました。
  釉薬掛けした柄杓たちを干します。
  午後からカミナリが来ないことを願いつつ、空模様を確認。



窯焚き終わって翌日、
朝、
空がきれいです。
青空が一瞬、濃い群青色に変わりました。

B-heti-4324.jpg



   これから来週13日(木)から始まる大分市戸次帆足本家
  「富春館」のイベントに向けて、案内状を送付し、
  うつわなの準備に入っていきます。




昨日は、お天気も良く、モンマは、畑仕事に励みます。
畑を起こして、ほうれん草、大根の種まきなど。



  ヘチマの花が、この間、グングン大きくなりました。
 今回の場合、少し時期が遅かったせいか、大きくなる前に
 固くなりそうな様子です。さっそくとってみました。

外側がやわらかいうちが美味しく、だんだん中の種が大きく
固くなって、いつのまにか、外も固く、繊維が多くなり
ヘチマになるのです。
 丁度採り頃、食べ頃でした。セーフ、 夕飯の食卓へ

  B-heti-4347.jpg



  こちらは、最近気に入っている器です。 
  試しに数枚、グラタン皿として作って
  もらいましたが・・・ 
  今回の窯に入っています。
  上手く焼き上がったら、お見せしたいと思っています。
  
  中に入っているのは、かぼちやの糠漬けです。
  比較的若い、未熟なカボチャを糠漬けすると
  とても美味しいです。是非、お試しください。


      B-heti-4320.jpg


いよいよこれから、「窯出し」を始めます。
上手く焼き上がっていると良いですが・・・。

次回は、窯出しの報告を!


posted by つぐみ at 16:29| Comment(2) | ひびの暮らし