2012年08月19日

釉薬掛け、始まる


九州地方 この2,3日かなり暑い日が続いています。

ずっとカミナリが鳴っていたときなどは、
ひとしきり雨が降って、夕方は、比較的涼しい日が
多かったのですが、

このところカミナリの方は、なぜか収まって、 
「本来の夏」が戻ってきたようで、雲の動きも美しく、
昨日は、どこまでもまっすぐに立ちのぼっていく
直立した飛行機雲が、とても美しく見えました。

B-blue2-4244.jpg

窯の方は、おかげさまで、素焼きを終え、
モンマは、現在 釉薬掛けに励んでいます。
この様子だと、今月中に窯焚きが出来そう? かな・・・

ブルーベリーも、昨年と比べてこの夏は雨の降り方が多いせいか
順調に育ち、次から次へと色づいて摘み入れが大変 忙しいです。

B-blue2-4239.jpg

昨日も、ブルーベリージャムを作りました。
日々、ぷくぷく膨らんだ 青い実をつけ、
まだまだ 採れそうです。
是非、摘みにお出かけください。

我が家は、これからが、夏本番!

B-blue2-4240.jpg


     <お知らせです>
 「大野川ヒメと山彦と文人の集い」
    9月13日(木)〜9月17日(月)
   場所: 帆足本家 富春館 大分市中戸次4381番地
              097-597-0002
 
 自然素材を使った日本各地の作家が紡ぎ出す”ものづくり文化”と、
 大分の大野川流域の豊かな”食文化”を一同に集めた催しです。

   
  梁塵窯は、何回か帆足本家で、個展を開いたことがあり、
 なかなかおもむきのある会場で気に入っております。
 今回お誘いを受け、参加することになりました。
 期間中、会場に行ってます。
 
 おおぜいの作家さん、また食べ物を作られる方々も参加して
 大変にぎわうことでしょう。
   今回、 みなさんと、一緒に楽しみたいと思っています。
 丁度、アクセスしやすい距離なので、是非お出かけください。

 また、詳しい情報は、ブログなどでご紹介したいと思います。
 今日は、とりあえず 「お知らせ」です。

  
主催:帆足本家富春館  http://www.hoashi-honke.jp
   詳しくHPに載っています。

 
 夏本番に必ず咲いてくれる野草「ひおうぎ」
 名前がおしゃれです。花の形と似合っていますか?
 どうも、名前は葉っぱの形からくるようです。

B-blue2-4186.jpg





posted by つぐみ at 14:30| Comment(0) | 窯のこと,etc