2012年05月26日

名水茶屋・吊り橋

この周辺、水の流れの美しいところが沢山あります。
自分の住んでいる周りに、そんな場所が、あるとは!

引っ越した当時は、とてもおもい描けませんでした。

何故って?

家を建てるとき、ここらへんは山の中、昔から水が不足、
どの家もみんな、水で苦労したとか、飲み水がなくて大変だった
などと云われて、かなりあせってしまい、
今は、タバコ畑になっていますが、そのあたりを掘削、ボーリング
までしました。

結局、部落の人たちが使っている水(湧水)を、2km先
の水源から、一緒に分けてもらって、現在にいたってます。

そんな山の中から、「白水の滝」周辺の道路は、ドンドン
整備されて、工房から驚くほど一番近い観光地になりました。
丁度5kmあります。

「名水茶屋」に窯の「うつわ」が置いてあり、展示販売、
可愛がってもらっています。
地元の人たちが、運営して、美味しい食事とお土産品など、
奥にキャンプ場もあり、夏は、涼しく天然クーラーです。

滝のそばまで歩いて20分、
大きな水しぶきをあびると、かなり涼しく、
あついときには、 Very Good!

先日納品に行った際、夕暮れ時、でもまだ陽は高く

ひっそりと佇む吊り橋のようすを どうぞ!

B-turiba-3547.jpg


名水茶屋に置いてあります「うつわ」たち。

B-meisui-3550.jpg


帰り道、途中で見かけた「鹿の子草」、ポツポツしたつぼみが沢山、
とても愛らしく人気者。

B-kano-3500.jpg


けんどうぎわ に毎年、忘れず顔を出してくれます。ニコニコ

posted by つぐみ at 16:11| Comment(2) | 水の流れの美しさ

2012年05月22日

ブルーベリー(春)

ブルーベリーの木が数本、出入り口の駐車スペースの脇に植わっています。

十数年前に熊本側の知人から分けていただいたのですが、この環境に向いていたのでしょうか?
去年あたりから幹もだいぶ太くなり、逞しくなりました。

工房を訪れた人たちに大変人気があります。

今月始めは、白い花にハチがブンブン近づいて蜜を吸っていたのですが、この数日、ブルーベリの花がだんだん変化し、実を結んで、小さな可愛い緑色の実がはっきり付いてきました。

夏になるのが、楽しみです。
B-blue3462.jpg

B-blue-3576.jpg

最近、ブルーベリーの実は、眼に大変いいとの情報を得てからは・・・

夏の暑い盛り、8月になると、丸い実になって、ところどころ赤く変化するのです。赤青い実がまん丸くふくれてくると、食べ頃、採り頃、つまみごろ、、、、

工房と自宅を一日なんども、いったりきたり、そのつど、つまみます。口の中が青くなりますが・・・

posted by つぐみ at 14:04| Comment(0) | 草木のこと

2012年05月18日

看板とは?face

わが家周辺をたまたま歩いていたときのお話。
その時、カメラを持っていました。

いつもは、車で通りすぎることが多い場所。

あらためてみると、なかなか風情があります。


ずっと運転が下手な私・・・、
ドライバー泣かせのこのカーブ(コーナー)?

こんな趣(おもむき)があるとは!

おかげで、ガゼン看板がひきたって見えます。
そんな雰囲気  ある?  どうでしょう・・・・

B-3457.jpg

B-3459.jpg

B-3381-1.jpg

看板にまつわる話しの続きとして
今回ブログを立ちあげ、
皆さんに挨拶メールを送りました。
思いがけないメールを一通いただきご紹介します。


<Cafe Stay Happy>という名刺。

2009年8.12 山の中に1本立っている「梁塵窯という看板」
を見て、ふらり、立ち寄られたクラト&サチさんたち。
彼らは、ずっと旅行中だったとか、

途中、皆既月食をみようと思い屋久島に行き、そのあと
鹿児島に寄り、「軽トラックを購入」して北上、
高千穂まわりで、工房までやって来たとのことでした。

彼らは、別れ際に一枚の名刺を出して、
「東京に帰って、この名前の店を出そうと思っています
OPENしたらご連絡します。」と云われたのです。

そんな彼らから、「Cafe Stay Happy」を順調に
やっているとの嬉しい便りが届きました。

ちょっと驚きです。

「いつか下北沢に行こう」と思ってます。」
東京の皆さん、小田急線(井の頭線)
  下北沢に行かれた時は、是非! 


よろしかったら彼らのブログをご覧下さい。

  http://ameblo.jp/stayhappy/
  http://cafestayhappy.com/

リンク集に載せてあります。


続きを読む
posted by つぐみ at 16:52| Comment(0) | 窯のこと,etc