2018年11月10日

<窯出し作品の中から・ムーンプレート>

 山は、一日ごとに赤、黄色、鮮やかさを増しており、
この周辺は、そろそろピークを迎えているようです。
週末、皆さまのところ、紅葉、いかがでしょうか?

 <ムーンプレート <望と朔と>
 B-kamade-0203.jpg



 B-kamade-0207.jpg
 

ブロンズ釉・ 白化粧・透明釉  サイズ 29.5cm x29.5cmx0.8cm

 
料理を彩るキャンバスのようなシンプルな器を作りたいと思いました。

 一方には、白化粧に透明釉、片方には、メタリックな銅釉を施して、
満月と新月の趣としました。
                     門馬 進




 B-kamade-0218.jpg

 掛け花入れ・(泥彩)サイズ 3cmx3cmx高さ35cm
  形が面白いです。 次回は、花を入れてみましょう。





B-kamade-0222.jpg

ブロンズ釉薬・花器  右 サイズ・高さ15cm 真横から




 B-kamade-0223.jpg

コーヒーサーバー(1人から2人用)とマグカップ
              マグ サイズ高さ8.5cm




B-kamade-0224.jpg

真上から  ブロンズ釉花器 
  左花器 サイズ高さ 9.5cm





B-kamade-0226.jpg
 
<畑の様子>
 キャベツ、ほうれん草、かぶ、 
 穏やかな日和が、続いて野菜は、順調!



B-kamade-0229.jpg

「つの型花器」サイズ・高さ18cm 、 花 半鐘ヅル、のじぎく




 今年、木々の葉、色が鮮やか、とても美しく感じます。
しばらくお天気が、続くといいですが・・・

 来週は、石垣島まで、行ってきます。
皆さま、お元気にお過ごしください。

また、サイトからお会いしましょう!





 
posted by つぐみ at 15:02| Comment(0) | モンマのひとりごと

2018年10月27日

窯出し前、花の木美術館へ行ってきました。

 収穫の秋、たけなわ、九州地方は、穏やかな日和となっています。
皆さまのところは、いかがでしょうか?

 窯焚きを終え、久しぶりに大分・日出町の
花の木美術館へ「第12回展示」を見に行きました。

色合い、質感など写真では、何も云ってないようなところあり・・・
ですが、雰囲気だけでも、味わってください。


 B-hana-023-1.jpg
 
 「四位一体説・時の谷間で」(1994年)



 B-hana-040.jpg
 
 「星への挽歌」


  
 B-hana-042.jpg


 花の木美術館の今回の展示は、

11月下旬までの予定です。

「佐藤俊造の世界」 圧倒する存在感を !

詳しいことは、ホームページをご覧ください。

こちらから ↓ 
http://hananoki-bijutsukan.com/





 お天気の良さそうな日、久住・男池から、飯田高原へ
「ススキの原」を見に行きました。

 B-hana-0070.jpg 男池



 B-hana-086-1.jpg
 
 


 B-hana-0100.jpg




 B-hana-0118.jpg

 この季節に、よくぞ、顔を見せてくれました。「リンドウ」
 



<先日、穏やかな日和、「窯出し」始める。>

 出てくるもの、納得いく方が、少ないのですが、
今回は、夏前に「表札」作りのワークショップ(熊本)をした中から、
オシャレで、面白いのを、お見せします。


 B-hana-0155.jpg



 B-hana-0151.jpg





 また、シェフから頼まれたプレート(皿)たちも仕上がりました。
こちらは、気に入ってもらえるかどうか ? 

 
 B-hana-0153.jpg





 B-hana-0171.jpg


 最後は、「リンドウ」飯田高原から、
 元気になって来ました。 強いですね!

 
私たちも、「来週から寒くなりそう」との予報あり、
体調整えて、元気に仕事しましょう。

次回、窯出し作品の中から、何かお見せ出来ればと思います。
 それでは、またサイトにて


posted by つぐみ at 16:25| Comment(2) | 日記

2018年10月18日

<秋高し、窯焚き終わる>

 秋 本番、 お天気も、しばらく落ち着いてます。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?
 
 工房の方は、窯詰め終え、昨日窯焚きをしました。
何とか、スムースに行き、ほっとしています。
 
 B-kamatu-0002.jpg
「面取り一輪挿し」 イヌタデ



B-kamatu-0985.jpg

 窯詰め、終わる。

 B-kamatu-0986.jpg



 昨日朝から、焚き始める。
 950度になると、還元を掛けていきます。

 B-kamatu-0009.jpg

B-kamatu-0011.jpg



1240 度で、中性にした。それから、 1270度まで、上げて、止めます。

 昨日は、全体に温度の上がり方、その他、スムースに行きました。
あとは、窯が、冷めるのを待つばかり、上手くやきあがっているといいですが・・・



 B-kamatu-0013.jpg

 釉薬掛けに使った柄杓たち。



B-kamatu-0015.jpg
 
  裏に沢山、成っています、「カリンの木」
 「カリン酒」は、のどに良いと云われます。
 香りが、とてもいいです。




< 最後は、染の話、>

「くりのいが」工房入り口にあるクリの木、採って干しています。
 イガで、染めをします。


B-kamatu-0992.jpg

 B-kamatu-0999.jpg

昨日、窯焚きも終わりに近づいたころ、
休眠中の「藍」の状態を見るため、「藍カメ」を開け、久しぶりに
掻き混ぜ、しばらくすると、少し、藍の色が、出てきました。

 あまり元気は、ないのですが、大丈夫そうです。
寒くならないうちに、試してみたいと、モンマは、話していますが・・・

 今回は、無理なく、窯焚きを終え、良かったです。
窯を、開けたら、その様子など、ブログに載せたいと思います。

それでは、皆さま、朝晩、寒くなりました。お気を付けください。


posted by つぐみ at 14:53| Comment(0) | 窯のこと,etc